しえあいブログ

終わらないファンタジ〜

FF2プレイ日誌 その26

絶望の回避率を持つリチャードさんが仲間に加わり、どうしたものかと考えてましたが、今から回避上げるのも面倒ですしどうせまたすぐに別の4人目と交代するでしょ…と、敵の攻撃が当たらないようリチャードを後衛に起き、ほぼフリオマリアガイの3人の状態でミシディアの塔を登ることにしました。ごめんよリチャード、僕は一刻も早くFF2のシナリオを終わらせたいんだ…!!

 

 

 

 

 


f:id:kazuya329:20161006020640j:image

f:id:kazuya329:20161006020651j:image

f:id:kazuya329:20161006020703j:image

長っ。


ラスダンなんじゃないかってくらい長いです。フロアごとに風景が変わるのもそれっぽいですし、途中何体かボスキャラとの戦闘にも入ります。あと何気専用のBGMも流れます。
終盤に差し掛かってるということもあると思いますが、随分気合の入った作りです。これは究極魔法とうたわれるアルテマにも期待がかかりますねぇ。これでレベル8のファイアよりショボかったらどうしよ…。今までの苦労が全て無駄に…(;・∀・)
途中で異様にエンカウントするフロアがあるのでストレスマッハ注意です。

 


ようやく最上階です。
そこに待ち受けていたのは究極形態と化したパラメキア皇帝…ではなく、ミンウです(´ω`)
久々の再会を喜びたいところですが、フリオ達が来たところでさっそくアルテマの封印を解こうと、アルテマが眠る部屋の扉に魔力をぶつけます。

 

ゴゴゴゴゴゴゴ…

 

ビシャーーーーン!!!

 


どうやら成功…??したみたいですが、魔力を使い果たしたミンウがその場で倒れてしまいます。

 

 

 


ミンウ「わたしは力を使いすぎた…。休息が必要だ…。さあ、あの扉のむこうへ…」

 

 

ガクッ…!

 

 

 


ミ……

 

 

 

 

 


ミンウウウウウウゥゥゥゥゥゥゥゥッ!!!・゚・(つД`)・゚・