読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しえあいブログ

終わらないファンタジ〜

FF2プレイ日誌 その17

無事に船を確保したフリオ達はいざディストへと向かいます。

はい着きました(疾風の如く)
しかしそこにいたのは親子2人と飛竜1頭。竜騎士の姿はどこにも見あたりません。飛竜の方はこちら側に何か訴えかけてるみたいですが、無論言葉は通じず。雪原の洞窟の時にガイが動物の言葉がわかるという特技が判明しましたが、飛竜相手では無力…。
親子曰く、飛竜の洞窟の地下にあるペンダントがあれば飛竜の言葉がわかるようになるかも…とのこと。

 


f:id:kazuya329:20160917122201j:image

わりとすぐペンダントを手に入れたはいいですが…。ここでもリューサンは粗末に扱われるのですね。ちなみに自分14では竜騎士メインなのです(謎のアピール)
何はともあれこれで飛竜とお話することができます。

 

飛竜「わたしはもう長くありません 。毒が全身にまわってしまいました」

飛竜「最後の願いをきいてください (懇願)。このタマゴを北の洞窟にある命の泉に沈めてきてほしいのです 。これは最後の飛竜のタマゴです 」

 

新たに生まれようとしている命を守るため、フリオ達は命の泉へと急ぐ!!ほっとくと干からびるようです( ∵ )