しえあいブログ

終わらないファンタジ〜

FF2プレイ日誌 その16

帝国軍の大戦艦を破壊し、シドの飛空艇でアルテアへ戻ると容態の悪化が激しいフィン王に呼び出されます。
ゴードンには反乱軍の指揮、ミンウにはアルテマの本の封印を解くように、そしてフリオ達にはディストという場所へ向かい、竜騎士と飛竜の力を借りるよう告げ、フィン王はそのまま息を引き取ります…(´;ω;`)ウッ


f:id:kazuya329:20160308130408j:image
お父様がお亡くなりになったというのに何かヒルダ王女笑ってるし…こわ。いや、このヒルダ王女、もしかして…??(;´・ω・)


というわけで竜騎士達とコンタクトをとるため、そのディストという場所へ向かうわけですが、ここでゴードンが反乱軍のアジトに残るそうなのでパーティーから離脱(。`・ω・。)ノシ。再びフリオマリアガイの3人編成となります。ミンウさんもアルテマの本の件で忙しそうなのでしばらく再加入は難しそうですね。


パルムでディスト行きの船を探していると。



レイラ「ディストまでいくふねをさがしてるんだろう?あんたたちラッキーだよ!あたいのふねがちょうどディストまでいくところさ。のってかない?」

マリア「なんかあやしいなー 。 あやしい…(ラムリン)」

フリオニール「いいじゃないか! ただ だし 。おねがいしますっ!」




そういうわけでレイラの船に乗せてもらうのですが、船の上でレイラ率いる海賊軍団に取り囲まれ、身ぐるみを置いてくよう脅迫されます。
ここでフリオ達、負けるものかと一転攻勢へ乗り出します。


f:id:kazuya329:20160308130424j:image
海賊軍団との戦闘。
やたら多い。


戦闘に勝つと脅迫したことを許し、その代わり共に反乱軍と戦ってほしいとレイラ達に協力を要請します。


f:id:kazuya329:20160308130440j:image
この豹変っぷり。すっごいやる気満々だ…。